株式会社稲庭古峯堂|食品製造|秋田県湯沢市

qrcode.png
http://inaniwa-kohodo.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社稲庭古峯堂
〒012-0107
秋田県湯沢市稲庭町字三嶋12-1
TEL.0183-43-2488
FAX.0183-43-2481

 
 

稲庭うどんの製造工程

   
①練り、揉み返し
荒練りの様子
 
 配合した小麦粉と塩水をミキサーに入れ、荒練りを行います。
 加水量、塩度は、気候により変化します。
 荒練り後、次の手練り作業用にタライ等に生地を均等に小分けします。
 ある程度時間をおいてから、生地を踏み、揉み返し作業を行います。
 
 
 揉み返し作業では、生地を外から内へ生地の中に空気が入るように形成しま   
す。
 
②のし、切り出し、小巻
 揉み返した生地をビニール等の上に置き、均一に延ばす。
 
 
のしの様子
 延ばした生地を切り出し作業をしやすくする為に形成して
 のしの作業を行う。
 
 
 
 
 
 
小巻の様子
 のし終わり後、切り出し・小巻を行う。
 小巻はタライ等に行い、面が均一になるように内から外へ
 巻き取る。
 
 小巻した生地はビニール等で被せて一晩熟成させる。
 
③手綯い、つぶし
手綯いの様子
 一晩熟成させた生地で手綯いを行う。
 手綯い作業は、二つの棒に生地に縒りを掛け、8の字に綯い掛ける作業です。
 うどんの均一差は、この作業で決まります。
 
 
つぶしの様子
 手綯いした生地を加減を加えてつぶす作業を行い、
 硬い生地の場合はよく延ばして行う。
 
 つぶす前に澱粉で生地がくっつかないようにほぐしてから
 つぶしを行う。
 
 
④乾燥
乾燥の様子
 つぶし終わった生地は、一定の長さに延ばす補助乾燥を行います。
 生地の伸び具合、室内の室温、湿度等を考慮し、生地が均等な太さになるように行います。
 補助乾燥は、うどんの出来を作用する大事な作業です。
 
   
⑤裁断、選別、袋詰め
裁断の様子
 乾燥させたうどんを指定されたサイズで裁断を行う。
 裁断したうどんは、つぶしの時に使用したでんぷんが
 付着しているので、でんぷんをほろってから選別を行う
 
選別の様子
 選別の作業ではうどんの質、長さ等をチェックして
 包装を行って、稲庭うどんの完成!!
<<株式会社稲庭古峯堂>> 〒012-0107 秋田県湯沢市稲庭町字三嶋12-1 TEL:0183-43-2488 FAX:0183-43-2481